待合室改革

待合室で患者さんの笑顔が作れます!

待合室でスタッフのやる気を引き出せます!

1/16
「ただ待つだけ」の待合室は
​もったいない。

Willmake143

待合室の役割が大きく変わります。

団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)になる2025年には、高齢化率が30%を超え、それに伴い医療費や介護費がいま以上に大きく増えます。

そこで、健康寿命の延伸は、国の重要な政策課題のひとつとなっています。

健康づくりの政策化に対応して、自治体や企業は“ヘルスケアポイント”の導入を始めました。

健康寿命の延伸という視点で待合室を見直すと、待合室は大きなポテンシャルを持っていることがわかります。

「待合室改革」はそのポテンシャルを引き出すためのプロジェクトです。

そのためには、「待つだけのスペースから、健康づくりを支援するスペース」に変わらなくてはいけません。

「待合室改革」が選ばれる3つの理由

~待つだけのスペースから、健康づくりを応援するスペースへ~

患者さんの 「待ち時間」 が 「知る時間」 へ変わります。

「ただ待つだけ」の待合室ではもったいない。患者さんの健康づくりを応援する待合室は、患者さんとの信頼関係を深めることができる場所になります。また健康づくりのための来院回数が増えれば、待合室はこれから非常に貴重な経営資源になります。医療機関向けに開発された​「健康の入り口」データ提供サービスで、「待ち時間」を「知る時間」へ変えていきます。

医療機関向けに開発された

「健康の入り口」で

患者さんとのコミュニケーション力がアップ

「健康の入り口」から生まれる雑談で、

患者さんとのコミュニケーション力がアップします。

院内研修で「健康の入り口」から生まれる雑談や、

​患者さんの健康寿命に役立つ情報提供のトレーニングをします。

スタッフを「ヘルスケアコンシェルジュ」にして、患者の健康寿命に役立つ情報とサービスを提供します。

患者さんの健康寿命に役立つ情報提供のトレーニング
​「健康の入り口」から生まれる雑談のトレーニング
「うちにも、こんなスタッフが欲しい!」と思うようなスタッフが育ちます!

「私もここで働きたい」と思えるような病医院に変わります。

①院長・事務長・スタッフとの打ち合わせ

まず病院・診療所に担当者が訪問して、待合室の現状や待ち時間・患者コミュニケーションの問題点をヒアリングします。

②院内研修で患者さんの健康寿命に役立つ情報提供のトレーニングをします

院内研修の目的は、地域医療の現状や時代背景をしっかり説明し、なぜ待合室を改革する必要があるのか、健康教室を開催し、地域住民と連携する必要があるのかなどを共有します。

ユニークなワークショップ形式で、新しい待合室づくりをみんなで考えます。問題は病医院ごとに様々です。最適解をスタッフみんなで話し合います。

③「健康の入り口」を待合室に導入します

医療用コミュニケーションツール「健康の入り口 」を待合室に導入します。待合室のテレビや歯科医院のチェアモニターに動画を提供します。

​毎月1回、患者さん用の健康ニュースレターを5本お作りして医院にお送りします。患者さんと雑談が生まれ、コミュニケーション力がアップします。

奈良県の歯科医院の待合室

福岡県の病院の待合室

奈良県の歯科医院のチェアサイド

北海道の歯科医院の待合室

福岡県の歯科医院の待合室

​スタッフが自主的にポップを作成しました。

お気軽にお問い合わせ下さい

プロジェクトの成功は

​医院経営の安定があってこそ

「待合室改革」で患者満足度が上がり、スタッフがイキイキと働けるようになり、、地域から支持される病医院になっても、経営の安定がなければ継続することは出来ません。弊社ではプロジェクトに取り組む病医院の経営を「健康教室改革」と「ライフプラン改革」でサポートしています。

© 2017 by Willmake143

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

地域包括ケアを支援する待合室・健康教室活用プロデューサー

福岡県大牟田市不知火町2-1-6

info@willmake143.com

®